神社の御朱印

【新春・奈良】ならまち御霊神社のお正月限定の御朱印

アイキャッチ画像

ならまち御霊神社

 

こんにちは。じゅんたんです。

新年第5弾は奈良県の人気観光スポット「ならまち」にある御霊神社の限定御朱印をご紹介します!

毎月1日限定の朔日御朱印や月替わりの御朱印などが人気の神社です♪

ならまち御霊神社については過去にも記事を書いているのでご参考ください。

 

アイキャッチ画像
【奈良】ならまち御霊神社の長月限定御朱印奈良県の「ならまち」という古い町並みに「ならまち御霊神社」はあります。延暦19年(800年)に桓武天皇の勅願により創祀された神社です。月替わりの限定御朱印が人気。災難を取り除き、国家守護、家業繁栄、福徳円満、平和の神として幅広い信仰を集めている。...

 

今回お正月の限定御朱印が新しく頒布されていたのでご紹介します。

 


◆ならまち御霊神社で拝受した御朱印をご紹介

ならまち御霊神社

今回で2回目の訪問となるならまち御霊(ごりょう)神社

奈良の人気観光スポット「ならまち」にあるので奈良駅からも歩いて行けます。

ならまちは昔の町並みを残した古風あふれる観光地となっており、

最近では町家カフェやオシャレな雑貨店などが立ち並び若者にも人気です♪

 

本殿

手水社で清めた後、いつも通り本殿へ参拝します。

ならまち御霊神社はこじんまりとした神社なので、迷うことなく参拝できますよ♪

 

本殿

ならまち御霊神社のご利益は多数あります。

 

  • 災難取除き
  • 国家守護
  • 家業繁栄
  • 福徳円満
  • 平和の神
  • 旅行安全
  • 交通安全
  • 家内安全
  • 会社繁栄

 

さらに境内には末社もあり、下記のご利益を授かれます。

若宮社
若宮社

学業成就病気平癒諸道上達

祓戸社
祓戸社

お祓いを司る神様

出世稲荷神社
出世稲荷神社

開運出世縁結び五穀豊穣商売繁盛など

 

授与所

ならまち御霊神社の御朱印は境内右側にある授与所にていただけます。

受付時間は基本的には10時〜16時になります。

御朱印も以外と混雑しないのでオススメです♪

今回ならまち御霊神社でいただいた御朱印をご紹介します。

 

通常御朱印(ならまち御霊神社)

通常御朱印

通年授与できるならまち御霊神社の通常御朱印です。

前回もいただきましたが、今回も参拝の証としていただくことにしました!

  • 通年授与
  • 直書き
  • 片面
  • 枚数制限なし

 

通常御朱印(鎮宅霊符神社)

鎮宅霊符神社

兼務社である鎮宅霊符神社(ちんたくれいふじんじゃ)の通常御朱印です。

鎮宅霊符神社は同じ「ならまち」の陰陽町にあります。

御霊神社からも歩いて行ける距離なのであわせて参拝されると良いでしょう。

御朱印に書かれているのは御祭神の天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)です。

  • 通年授与
  • 直書き
  • 片面
  • 枚数制限なし

 

お正月限定御朱印(鶴と亀)

鶴亀

お正月限定の「鶴と亀」の御朱印です。

日付も金字で書いてくださります!

見開き書置き対応ですが、1/3、1/12、1/18の3日間だけ直書きしていただけます

  • 期間限定(1/1〜1/18)
  • 書置き ※ただし3日、12日、18日のみ直書き
  • 見開き
  • 枚数制限あり(無くなり次第終了)
期間内でも無くなり次第終了なので注意!

 

お正月限定御朱印(初日の出と富士山)

初日の出と富士山」

同じくお正月限定の「初日の出と富士山」の御朱印です。

こちらは片面で書置きのみの対応となります。

限定250枚と枚数にも限りがあるようですので注意。

  • 期間限定(1/1〜1/18)
  • 書置き
  • 片面
  • 枚数制限あり(250枚)
「初日の出と富士山」は書置きのみとなります。直書きは無いので注意。

 


◆まとめ

お正月限定御朱印をいただきたい方はできるだけ早めに行かれたほうが良いです。

期間内でも無くなり次第終了とのことなのでご注意ください!

直書きでいただきたい方は指定日のみとなります。

今日からだと12日18日のあと2回チャンスはあるので、スケジュールの調整頑張ってください!

あわせて「ならまち」の観光も楽しまれてはいかがでしょうか♪

◆ならまち御霊神社(ならまちごりょうじんじゃ)

住所:奈良県奈良市薬師堂町24番地

電話:0742-23-5609

受付時間:9時〜16時

アクセス:近鉄奈良駅より徒歩15分、JR奈良駅より徒歩20分

JR京終駅より徒歩10分

バス利用の場合は市内循環「田中町バス停」より徒歩4分

駐車場:あり(付近駐車場を案内してくれます)

出典元:ならまち御霊神社公式サイト