郵送対応の情報はこちら【東京編】【京都編】7/19更新

【佐賀・基山町】総本山「本福寺」のかわいい遥拝御朱印

アイキャッチ画像
じゅんたん

じゅんたん

えっと、今日ご紹介するのは…

ワクワク♪

椿

椿

???

???

姫様!姫様〜!

なっ、なんだ!?

じゅんたん

じゅんたん

???

???

このあたりで花飾りをした小さな女の子を見なかったか!?

さっきまで椿(つばき)って子がここにいたけど?

じゅんたん

じゅんたん

???

???

それだ!目を離すと姫様はすぐにいなくなるのだ!

(またややこしそうなやつが出てきたな…)

じゅんたん

じゅんたん

???

???

椿さまは皇室の姫君なのだ!

普通の女の子の格好してたけど?

じゅんたん

じゅんたん

???

???

俺の名前を聞きたいって?フフ…いいだろう。特別に教えてやる。

いや、別に聞いてないし。

じゅんたん

じゅんたん

雷切丸

雷切丸

俺の名は雷切丸(らいきりまる)!椿さま親衛隊の筆頭さ!

前置きが長くなりそうなので先に進めるわ。

じゅんたん

じゅんたん

皆さん、こんにちは。じゅんたんです。

冒頭から茶番が続きすみません。(笑)

キャラクターは今後増やしていく予定なので、所々で茶番にお付き合い頂ければ嬉しいです。(笑)

本福寺

出典元:https://ooaza.com/sponsord/post13020.html

さて今回ご紹介するのは、佐賀県の「本福寺(ほんぷくじ)」になります。

郵送により可愛くてステキな遥拝御朱印をいただいたので早速ご紹介していきます。

◆本福寺で拝受した御朱印をご紹介

本福寺ではオンラインによる郵送対応が通年可能です。

御朱印以外にも御守やおみくじ、御朱印袋などの授与品も幅広く扱っているようです。

数ある御朱印の中から郵送でいただいたのは以下の通り。

  • 金のダルマ御朱印
  • 七福神の御朱印
  • 藤とお地蔵さんの御朱印(5月限定)
  • ヨゲンノトリ御朱印(数量限定)
  • 牡丹言葉入れ御朱印(5月限定)
  • 不動明王花柄御朱印(和紙)
  • 金の大黒天御朱印(黒半紙)

御朱印は全て公式HPに見本があります。

金のダルマ御朱印

本福寺御朱印

開運祈願の金のダルマ御朱印です。

通年いただくことができます。

この御朱印の凄いところは、自分でダルマの目を入れることができること!

最初右目が入った状態で送られ、願いが叶ったら自身で左目を入れるというもの。

御朱印情報
  • 通年授与
  • 書置き
  • 片面
  • 枚数制限あり

七福神の御朱印

本福寺御朱印

本福寺の御朱印の中でも大人気の七福寺の御朱印です。

恵比寿天、弁財天、布袋尊、毘沙門天、大黒天、福禄寿、寿老人の七つの神様が大集合!

御朱印情報
  • 通年授与
  • 書置き
  • 片面
  • 枚数制限あり

藤とお地蔵さんの御朱印

本福寺御朱印

5月限定でいただける藤とお地蔵さんの御朱印です。

かわいいお地蔵さんは本福寺を代表するオリジナルキャラクター。

毎月お地蔵さんと四季の花々をデザインした御朱印がいただけます。

御朱印情報
  • 月替わり(5月)
  • 書置き
  • 片面
  • 枚数制限あり

ヨゲンノトリ御朱印

本福寺御朱印

数量限定で頒布されているヨゲンノトリ御朱印です。

朝と夕方に姿を拝めば難を逃れることができる」と告げたとされる鳥「ヨゲンノトリ」にちなんだもの。

新型コロナウイルスが流行する中、アマビエ様と並んで注目されています。

御朱印情報
  • 通年授与(数量限定)
  • 書置き
  • 片面
  • 枚数制限あり

牡丹言葉入れ御朱印

5月限定でいただける「牡丹言葉入れ」御朱印です。

入る言葉は人ぞれぞれ。僧侶が言葉を選び抜き御朱印に書いてくださります。

僕は「自分らしさを失ってまで守るものは大切なものではない」とお言葉をいただきました。

御朱印情報
  • 期間限定(5/31まで)
  • 書置き
  • 片面
  • 枚数制限あり

不動明王花柄御朱印

本福寺御朱印

通年いただける不動明王花柄御朱印です。

金の不動明王と赤花柄の和紙でデザインされています。

和紙は梅の花をモチーフにしています。

御朱印情報
  • 通年授与
  • 書置き
  • 片面
  • 枚数制限あり

金の大黒天御朱印

本福寺御朱印

通年いただける金の大黒天御朱印です。

商売繁盛のご利益で有名な大黒天が金文字でカッコいいです!

御朱印情報
  • 通年授与
  • 書置き
  • 片面
  • 枚数制限あり

本福合掌御守

本福寺

御朱印を郵送でお願いしたら本福合掌守という御守をいただけました。

これは嬉しいですね!

手と手を合わせた時の状態を形取っており、手の掌の中に大日如来様が納められています。

日々の安穏と諸願が成就されるように祈願してくださっています。

◆御朱印受付時間やアクセスは?

本福寺

本福寺の御朱印は本堂左側にある授与所でいただけます。

受付時間は9寺〜16時が基本となります。

境内には無料休憩所やお土産販売店、寺カフェなどもあるのでゆっくり過ごすことができます♪

本福寺への行き方
  • 甘木鉄道「基山駅」から車で約5分
  • 九州自動車道・長崎自動車道「鳥栖IC」から約20分
  • 九州自動車道「筑紫野IC」から約20分

車移動出ないと少し不便です。500台駐車できる駐車場を完備。

公式HPに詳しいルート案内があるのでご確認ください。

本福寺のアクセス案内はこちら

◆五重の塔がカッコいい!商売繁盛と金運の神様「本福寺」をご紹介

佐賀県三養基郡基山町にある五重の塔が目印の「本福寺(ほんぷくじ)」は、光明念佛身語聖宗の総本山として知られています。

御本尊は不動明王で左右には地蔵菩薩千手観音が安置されています。

御本尊
  • 不動明王
  • 地蔵菩薩
  • 千手観音

地蔵菩薩と千手観音は近代を代表する仏師松久朋琳作といわれています。

出典元:https://www.honpukuji.or.jp/temple.php

本福寺本堂

出典元:https://www.honpukuji.or.jp/temple.php

本福時の本堂です。

不動明王千手観音地蔵菩薩が安置されています。

本堂前には121段もの大階段があります。

本堂の十二支や神獣の彫刻は日光東照宮と同じ修復師によって施されました。

じゅんたん

じゅんたん

竜宮城をモチーフにしているよ!

本堂には天井絵があり、576枚もの天井絵が描かれています。

本福寺善法堂

出典元:https://www.honpukuji.or.jp/temple.php

本福寺の奥の院である善法堂と呼ばれるお堂です。

こちらには全国的にも珍しい不動明王大仏が安置されています。

出典元:https://www.honpukuji.or.jp/temple.php

こちらがその不動明王大仏です。

高さ5mもの坐像で九州を代表する仏師で僧侶でもある西田法雲作といわれています。

木造ということもあってか雰囲気が独特ですね。

鮮やかに彩色された木造仏は全国的にも珍しいよ!

じゅんたん

じゅんたん

本福寺カフェ

善法堂には土日祝のみオープンする寺カフェがあります。

高台にあるので景色はバツグン!

基山町を見下ろすのもよし!五重の塔を眺めるのもよし!

歩き疲れた時は寺カフェでちょっと一息してみてはいかがでしょうか?

本福寺五重の塔

出典元:https://www.honpukuji.or.jp/temple.php

本福寺のシンボルでもある五重の塔です。

平成6年に建立された割と新しい塔ですね。

東京の浅草寺五重塔をイメージして設計されたそうです。

朱色が鮮やかで景色が映えますね♪

塔の背後には88段の石段があり、頂上からの景色がとても素晴らしくシャッターポイントとなっています!

毎年11月には年に一度のご開帳が行われ、秘仏の五大明王が公開されます。

本福寺立体曼荼羅

五重の塔の地下には立体曼荼羅が安置されています。

本福寺

境内の右側には観音堂がります。

西国三十三ヶ所霊場をお祀りしているお堂です。

観音堂からの景色も素晴らしく、お花見や新緑、紅葉と季節によって景観を楽しめます♪

じゅんたん

じゅんたん

造りがなんとなく見たことあるような…

京都清水寺の「清水の舞台」にそっくりだね!

椿

椿

じゅんたん

じゅんたん

あっ!それそれ!って…いつのまに!?

◆まとめ

本福寺は魅力的な御朱印はもちろん、広い境内にはたくさんの見どころスポットがあるお寺です。

僕もお寺のHPを見ているだけで行きたくなっちゃいました!

オススメの参拝ルートは、

本堂 → 観音堂舞台 → 五重の塔 → 善法堂奥の院

が定番だそうです。車椅子やベビーカーでも安全に回れるように考慮してくださっているみたいなので安心ですね!

目で、心で感じる癒しのスポット「総本山本福寺」。

気になる方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

雷切丸

雷切丸

姫様!やっと見つけましたよ!

雷切丸。またお姉ちゃんに言われて来たのね。

椿

椿

じゅんたん

じゅんたん

また増えた…

雷切丸が仲間になった。


神社仏閣情報

◆本福寺(ほんぷくじ)

住所:佐賀県三養基郡基山町大字宮浦2120

電話:0942-92-2451

URL:本福寺公式サイト

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です