神社の御朱印

【大阪】ステキな巫女さんが描く天之宮神社の御朱印【9月】


天之宮

皆さん、こんにちは。じゅんたんです。

最近朝と夜はだいぶ涼しくなってきたように感じますが、日中はまだまだ暑いですね。

今回は約1年ぶりに訪問した「天之宮神社(てんのみやじんじゃ)」の9月御朱印のご紹介です。

前回の訪問から1年も経っていたとは驚きです!

何度か予約して行こうと思っていたのですが、なかなか予定が合わずに行けずじまいでした。

「天之宮神社」については今や有名なのでご存知の方も多いと思いますが、

初めて知った方は過去にも記事を書いているのでご参考ください。

天の宮神社の過去記事

過去記事には天之宮神社の魅力を下記3点で伝えています。

天之宮神社の魅力

  1. ステキな巫女さんが神職を務めている
  2. 参拝と御朱印が完全予約制
  3. 月替わりでアート御朱印をいただける


◆1年ぶりに天之宮神社に参拝!

天之宮

この日の日中気温は29度!

雲一つない晴天の中、天之宮神社へ向かいました。

一度行かれた方はおわかりだと思いますが、天之宮神社は大阪市内から離れた泉南郡にあります。

すぐお隣が和歌山県という大阪府末端の場所。

市内と違い海が目の前にある自然あふれるのどかな地域です。

天之宮

天之宮神社へ行くには市内からだと南海電車に乗り「みさき公園駅」まで向かいます。

駅からは役場が運営している片道100円の「ループバス」に乗って行くと

20分〜30分くらいで神社前まで行けます。

天之宮

この日時間に余裕を持って行ったつもりが、バスの時刻を見誤るというまさかの凡ミスを!(泣)

タクシーも見つからないためとりあえず歩くことに。

予約時間までまだ1時間あるし歩いてればタクシーつかまるでしょ。

という安易な考えが後々悲劇となります!

天之宮

あれっ?けっこう歩いたよね?

「…」

んっ?タクシー使わないと不便の場所でしょ?みんな使わないの?

「…」

あの〜。もう半分くらい歩いてますが…。もしもしタクシーさん?

「…」

「……」

「………」

タクシーが見つからない〜!!!ていうか1台も通らないんですけど!!

タクシー乗る習慣ないんですか!?

時間やば!あと15分!走るしかない!

ドラマとか映画だったらここで奇跡が起きてギリギリセーフなんて展開も虚しく、時間は過ぎていきます。

あ〜!子供たちが爽快に自転車で通り過ぎて行くぅ〜。

暑い!暑すぎる!雨男なのになんでこんな時だけ雲ひとつないんだよ!

自動車バンザイー!!!

最後のほう気が狂いそうになりながら走っていました。(笑)

予約時間の5分前になってしまったので天之宮さんへ電話することに。

電話でもとても丁寧に対応していただけたので少し安心しました。

天之宮

けっきょく10分遅れで到着しました(泣)

巫女さん本当にごめんなさい。」っていう気持ちでしたが、

巫女さんは笑顔で快く迎えてくださりました。

天之宮

天之宮神社は巫女さんが神職を務める珍しい神社です。

神社のためにとても熱心に毎日取り組みをされているため、その姿に共感している方も多いと思います。

月替わりのアート御朱印が人気ですが、リピートが多いのは巫女さんの人柄も理由だと僕は思います。

参拝と御朱印は完全事前予約制なのでご注意ください。一人からでも受け付けていただけます。

予約方法については天之宮さんのツイッター に記載されているのでご確認ください。

天之宮神社のTwitter


◆天之宮神社で拝受した御朱印をご紹介

間違いなくここ一年で予約しづらくなっています。

どれくらいかというと、月末の御朱印予約開始と同時に電話が繋がらなくなります。

4回線で対応してくださっているそうですが、全く繋がりません。

ちなみに僕は30分くらい掛け続け、237回目でコール音までたどり着きました!(笑)

コール音がなってもすぐに電話に出てもらえる訳ではありません。

予約は全て巫女さんご本人が受けてくださっているため、他の回線予約が終わるまで待つ必要があります。

そのため、コール音が鳴り続いても必ず切らずに待ち続けてください。

苦労して予約した分、御朱印をいただいた時の喜びも大きいので、ぜひ予約に挑戦してみてくださいね!

満月と十二単【見開き/直書き】

満月と十二単

9月限定の見開き御朱印です。

満月とそれを見つめる十二単の女性が描かれています。

なんとこの女性は巫女さん手作りの折り紙なんです!

折り紙の模様も何種類もあり、好きなものを選ばせてもらえます。

百人一首の「左京大夫顕輔(藤原顕輔)」が詠んだ歌を載せてます。

秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ

現代語訳だと、「秋風のためにたなびいている雲の切れ間からこぼれ出る月の光の何と明瞭なことか。

という意味になります。

十五夜お月様とうさぎ【見開き/直書き】

十五夜お月様とうさぎ

同じく9月限定の見開き御朱印。

「満月と十二単」の美しさに対してこちらは可愛さ満点「十五夜お月様とうさぎ」の御朱印です。

去年の9月にいただいた御朱印も「うさぎ」でしたが、また違った可愛があります♪

とっても気持ち良さそうに寝てますね!(笑)

巫女さんは動物を可愛く描くの本当に上手いです。


◆まとめ

天之宮神社へ以前、僕が訪れたのが2018年9月だったので、本当にちょうど1年ぶりの参拝でした!

巫女さんとは1年ぶりとは思えないほど終始楽しくお話できましたし、

今回もやっぱり可愛くてステキな御朱印でした♪

今後はもう少し参拝回数を増やしていきたいと思います。

年々、予約が取りにくくなってきてますが、参拝の思い出もステキな御朱印も

きっと宝物になるので、皆さんもぜひ一度訪れてみてください♪


新元号!!令和 と平成が分けられる!御朱印帳入れ 5冊用 御朱印帳ケース 朱印帳 日本製 桐箱 天然桐材 平成 新元号【半額SALE】

価格:3,980円
(2019/9/16 20:23時点)
感想(7件)

◆天之宮神社(てんのみやじんじゃ)

住所:大阪府泉南郡岬町多奈川谷川3249−1

電話:072−495−5160(御朱印受付)

受付時間:10時〜15時(電話対応:17時〜19時)

アクセス:南海電車「みさき公園駅」よりバスかタクシー

     バスの場合⇨巡回バスにて約20分

     タクシーの場合⇨約15分

     多奈川線「多奈川駅」より徒歩で約30分〜40分

駐車場:あり(3台ほど)

出典元:天之宮神社 Amebaブログ